ごあいさつ

株式会社三栄プラテックは、昭和50年(1975年)に「三栄装美社」の社名で個人創業し、今年平成29年 (2017年)で創立42年を迎えました。
これもひとえに平素からのお客様のご愛顧の賜物と感謝しております。

創業当初はプラスチック看板・サインの製作が出発点であり、プラスチックシートの高性能化や性能の多様化により時代の流れとともに変化するお客様のニーズにお応えして、当社で製作しているものも変化しています。
現在は真空成形・圧空成形などを主な工法とした車両・医療関係の内装・外装部品や住宅建材の製作、R曲げや樹脂溶接を中心とした工業用途の半導体・液晶生産設備関連の洗浄槽やカバーの製作、商業施設のアクリル什器や展示場・美術館のアクリルディスプレイの製作、といったように幅広い分野の部品や製品を製作しております。
範囲は広くなりましたが、創業当時から現在に至るまでプラスチックシートの二次加工のプロフェッショナルとして、一貫してたずさわっており、技術を確実に積み上げてまいりました。

常にめまぐるしく変わる世界情勢の中で、企業としての差別化を目指し、当社も柔軟に変化を遂げて、お客様にご満足戴ける製品を提供し続け、皆様のご期待に応えていきたいと存じますので、今後ともより一層のお導き、お引き立てを賜りますよう、お願い申し上げます。

経営理念

社名の「三栄」があらわす三つの繁栄、社会・地域の繁栄、お客様・お取引先様の繁栄、当社・社員の繁栄、のすべてを実現するために私たちは常に変わり続けます。

三栄プラテック事務所