透明度が良好、厚みが均一、木型で成形可能

熱プレス成形とは?

熱プレス成形成形とは樹脂シートを加熱して軟化し、オスメス両型でプレス機で圧力をかけます。
これを冷却するとそのままの形状で固化し、常温で形状を維持します。

プレス成形検査

熱プレス成形のプロセス

 

プレス成形プロセス図

①プラスチックシートを炉で加熱して軟化します。

②軟化したシートをプレス型に載せます。

③上型が下降して圧力をかけます。その状態で冷却します。

④冷却が終了したら上型が上昇します。

⑤型から外した成形品を必要な形状にトリミングします。

⑥成形完了です。

真空成形のような立体的な一体物ができる

  • 三次元Rの立体形状
  • トレイや皿のような4方に立ち上がりやRのついた形状

…など、真空成形のような製品を作ることが出来ます。

※ただし、深絞りは真空成形ほどはできません。

プレス成形制電塩ビトレー

真空成形のような偏肉が少ない

真空成形はシートを固定して成形するので、材料は引き伸ばされ厚みにムラが出来ます。

しかし、熱プレス成形はシートを固定せずに成形します。

真空成形と較べて成形品の肉厚はより均一に出来ます。

型痕が付きにくく、透明樹脂にも最適

真空成形と違い、プレス圧のかかり方を部分的に調整できます。

透明樹脂でも型の痕が付きにくくなります

アクリルバイザー

高価な金型ではなく安価な木型で成形出来る

ほとんどの場合で安価な木型で成形が出来ます。

そのため、少量生産も可能です。